シミの治療に有効な成分

TOP > シミの治療に有効な成分

シミはレーザー治療以外にも、美白成分を使用して治療することも可能です。

有効なのはシミの原因となっているメラニン色素の排出を促す作用のあるビタミンC誘導体やハイドロキノンといった美白成分です。
美白成分であれば何でもいいというわけではなく、すでにできてしまったシミに対してはメラニンの排出作用がある成分を用いることが肝心となります。

肝斑の最新情報を紹介します。

メラニン色素はもともと肌に一定の量が存在しているのですが、強い紫外線を浴びたり肌に強い摩擦の力が慢性的に加わるなど、肌への刺激によって量が増加します。

日焼けをしても一定期間経過すればまた元の肌色に戻ることからもわかるように、正常な状態ではメラニンは肌の細胞の生まれ変わりによって排出されていきます。

しかし年齢を重ねてこの肌細胞の生まれ変わりの機能が鈍くなるとメラニンの排出ができにくくなり、肌に残存して沈着することでシミができてしまうのです。

そこでメラニン排出を促す成分でケアをすることで少しずつではありますが症状を緩和する、これが美白成分によるシミ治療です。ビタミンC誘導体は肌荒れ防止などの効果もあり、ニキビの治療にもよく利用される成分で、肌への刺激性が弱いのが特徴です。



長期間使用しなければ効果は実感しにくいですが、毎日朝晩のスキンケアにビタミンC誘導体を配合した美容液やクリームなどを取り入れて地道にケアをしてみましょう。



ハイドロキノンは美白作用が大変強い成分であり、ビタミンC誘導体よりは治療効果は優れていますが、肌への刺激がやや強いです。肌との相性を確かめた上で使用し、異常を感じたらすぐに使用をやめて医師の診断を受けるようにしましょう。