エイジングケアの化粧水は保湿力を重視しましょう

subpage01

30代後半、あるいは40代ごろから、肌の変化が気になって来る人は多いでしょう。そのような時はスキンケアも、その変化に応じた物を選びたいものです。
エイジングケア用の化粧水を選ぶこつは、まず保湿成分が配合されているアイテムを選ぶことです。

化粧水の比較についての情報はこちらです。

この場合の保湿成分は、セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタエキス、コラーゲン、ローヤルゼリーなどをさします。

朝日新聞デジタル情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

特にヒアルロン酸やコラーゲンなどは、元々肌に存在し、肌の弾力を保つ働きがあるのですが、加齢と共に減少して行きます。

そのため、そういう成分が配合された化粧水で補ってあげることで、肌もふっくらして来ます。

またエイジングケアの場合は、化粧水だけではなく、目元や口元の気になる部分に専用の美容液をなじませたり、同じ成分が配合されたアイテムをライン使いしたりすることで、より若々しい印象を与えることができます。エイジングケアの場合は、化粧水のつけ方にも一工夫します。



まずつける時は、手のひらで温めてよくなじませるようにし、ごしごしこすらないようにしてください。肌をこすると小じわやシミの原因になることがあります。

また、肌の老化の元になる活性酸素を防ぐためにも、日焼け止めをつけて、紫外線をきちんと防止するようにしましょう。
それからストレスも活性酸素を作り出すもととなってしまいますので、ストレスをためこまないようにし、気分転換を図るようにするのも、また大切なエイジングケアということができます。